マッチングアプリでドタキャンは脈なし?

スポンサーリンク

マッチングアプリでドタキャンは脈なし?

マッチングアプリでのドタキャン(急な予定変更)は、一概に脈なしだと断定するのは難しいです。

ドタキャンが発生する理由は様々で、相手のスケジュールの都合や急な用事、健康上の理由などが考えられます。
以下は、ドタキャンが脈なしを示す場合と、そうでない場合の一般的なケースです

ドタキャンが脈なしを示す場合:

  1. 連絡が途絶える:
    • ドタキャン後に相手からの連絡が途絶え、その後も積極的に再度の計画を立てようとしない場合、興味が薄れている可能性があります。
  2. 誠実な説明がない:
    • ドタキャンの理由があいまいで、誠実な説明がない場合、相手が真剣に交流を望んでいない可能性があります。
  3. パターンが続く:
    • 頻繁にドタキャンが続く場合、相手が本気で会いたいと思っていない可能性があります。
      一度だけの場合は用事が重なることもありますが、繰り返し注意が必要です。

ドタキャンが脈ありを示す場合:

  1. 真剣な理由がある:
    • 急な用事や健康上の理由があり、相手が真剣にお詫びをし、再度の予定を立てようとする場合、脈ありの可能性があります。
  2. 積極的に連絡をとる:
    • ドタキャン後も相手が積極的に連絡をとり、新しい計画を立てようとしている場合、興味を持っている可能性があります。
  3. 以前と変わらずコミュニケーションを続ける:
    • ドタキャンがあっても、以前と変わらず積極的にコミュニケーションを続け、会うことへの意欲が感じられる場合、脈ありの可能性があります。

一つの行動だけで相手の気持ちを正確に判断することは難しいですが、相手の態度やコミュニケーション全体を見て判断することが大切です。

コミュニケーションを通じて率直な対話を持ち、相手の気持ちや意図を理解するよう心がけると良いでしょう。

ドタキャンされて次のアポは自分から連絡したほうがよい?

ドタキャンされた場合、次のアポに関しては状況や相手の態度によりますが、一般的には以下の点を考慮して行動することが重要です:

  1. 相手の誠実な理由を確認:
    • ドタキャンの理由が相手にとって真剣なものであるかどうか確認してください。

      相手が誠実な理由でドタキャンを行った場合、理解を示し、次のアポの計画を立てることが良いでしょう。
  2. 相手の反応を見る:
    • ドタキャン後に相手から積極的な連絡があるかどうか、その反応を見てください。

      相手が謝罪や新しい計画の提案をしてくる場合、次のアポに対する意欲が感じられるかもしれません。
  3. 自分の感情を考慮する:
    • ドタキャンによって自分がどのような感情を抱いているかを考慮してください。

      相手に対する信頼や興味がまだある場合、次のアポを提案することは検討に値します。
  4. 新しい計画を立てる:
    • 相手がドタキャンの理由を誠実に伝え、次に会う意思があると示している場合、新しい計画を立てることが良いでしょう。

      相手が具体的な提案をしていない場合、あなたが提案しても良いです。
  5. 慎重になる:
    • ドタキャンが続く場合や相手が連絡を避ける様子が見られる場合、慎重になる必要があります。
      相手が本気で会う意思があるかどうかを判断し、無理にアポを強行することは避けるべきです。

状況によっては、相手に信頼感があり、次に進む意欲が感じられる場合には自分から次のアポの提案をすることが良いでしょう。

しかし、相手があまり積極的でない場合や信頼が揺らいでいる場合には、相手の態度を尊重し、様子を見ながら進めることが大切です。

すっぽかしとは意味が違う

“すっぽかし”(suppokashi)と”ドタキャン”(dotakyan)は意味が異なります。

  1. すっぽかし(Suppokashi):
    • “すっぽかし”は、約束や予定を無断で欠席したり、約束を果たさなかったりすることを指します。
      これはあまり礼儀正しくない行動であり、相手に対する失礼や不快感を引き起こす可能性があります。
  2. ドタキャン(Dotakyan):
    • “ドタキャン”は、急な用事や予定の変更によって、事前に計画された約束やアポイントメントをキャンセルすることを指します。

      一般的には、相手に対してその都度理由を説明し、謝罪することが求められます。

      ただし、状況によっては急な予定変更が避けられない場合もあります。

要するに、”すっぽかし”は無断での約束の欠席や約束の果たし忘れを指し、”ドタキャン”は急な用事や変更による約束のキャンセルを指します。

どちらもコミュニケーションの重要性や相手への敬意に関連していますが、ニュアンスや行動の背後には違いがあります。

ドタキャンでも誠実さが大事

ドタキャンが必要な場合でも、誠実さと相手への敬意を持って行動することが非常に重要です。
以下は、誠実なドタキャンのポイントです:

  1. 早めの連絡:
    • できるだけ早い段階で相手にドタキャンの連絡をすることが大切です。
      相手が予定を調整する時間を与えることで、理解を得やすくなります。
  2. 誠実な理由を伝える:
    • ドタキャンの理由をできるだけ誠実かつ具体的に伝えることが大切です。
      相手に納得してもらうためには、誠実な説明が信頼を築く材料になります。
  3. 謝罪する:
    • ドタキャンは相手に迷惑をかけることになりますので、謝罪の意をしっかり伝えることが重要です。
      相手への礼儀正しい態度が誠実さを示します。
  4. 次のアポを提案する:
    • ドタキャンの理由が一時的なもので、再度会う意思がある場合は、次のアポを提案することが好ましいです。
      これは相手に次回の計画があることを示し、関係を続けたいという意思表示になります。
  5. 柔軟性を持つ:
    • ドタキャンを受けた側も、相手の状況を理解し、柔軟に対応することが大切です。

      急な用事や予定の変更は誰にでも起こり得ることであり、相手への理解がお互いの関係を良好に保つ助けになります。

ドタキャンは避けられない場合もありますが、誠実に対応することで相手との信頼関係を維持できます。
相手に対する誠実な態度は、良好なコミュニケーションと長続きする関係の基盤となります。

スポンサーリンク
未分類
1egaをフォローする
八ヶ岳ゴルフ百科
タイトルとURLをコピーしました